主婦スターではアルバイトやパートの受かり方、子育て期間のブランクも大丈夫な自己PR、志望動機などをまとめてお届けしています。

<↓メニューはこちらです!>

アルバイト・パート面接での答えにくい質問、答え方の例まとめ

1443097575224527

アルバイト、パートの面接では、面接官から色々な質問が出てくる事になりますが、中には「ちょっと答えにくいな…」「どう返すのがいいんだろう」と悩むような難しい物もあります。
また、答え方を間違って、印象が悪くなるのも避けたいものです。

今回は、面接でよくある難しい質問への答え方をまとめました。

難しい質問「ブランクがありますけれど大丈夫ですか?」

特に子育てで数年、職歴にブランクが出来た場合や、久々のお仕事復帰の時に、困ってしまいやすい質問です。

この質問が出てくるという事は、まだ面接官も迷っている段階ですので、なるべくポジティブな答え方をしたい所です。
ただし、あまりにも「何でもできます! 絶対大丈夫!」といったポジティブすぎる答えも、嘘っぽくみえてしまうので難しくなります。

もし過去によく似た仕事の経験があるなら、その話を持ち出しながら答えるのが、ベストな答え方となります。

<答え方のOK例>

「レジ業務については、かなり前にですが何年か経験があります。思い出しながらになりますが、なるべく早く仕事ができるようになりたいと思います」

<答え方のNG例>
「この仕事なら私でも簡単にできると思います」
「正直に言うと自信はありません…」

難しい質問「未経験の仕事ですけれど大丈夫ですか?」

先ほどの質問と同じように、未経験の場合に答え方で困りやすい質問です。

この質問が出るタイミングでは、まだ面接官も迷っている事がほとんどです。
また、この質問はどう答えても「そうか! よし、採用!」といったポジティブな反応をもらえる事はほぼないタイプの質問です。

そのため、この質問では無難な答え方をして、マイナスの印象を与えない事だけ気を付ける事が大切です。

特に、「自分は仕事が出来る人間」という事を見せたくて、無理に「このくらいの仕事なら簡単です、すぐできるようになります」という雰囲気を出してしまうと、相手に失礼になってしまう場合も。
ここは謙虚に頑張りますという姿勢を見せるのが大切です。

<答え方のOK例>

「確かに未経験ですが、一日も早く仕事を覚えて、お役に立てるよう頑張りたいと思います」

<答え方のNG例>
「簡単な仕事なので自分でもできると思います」

「ちゃんと教育をしてもらえるなら大丈夫です」

[adsense2]

難しい質問「急なお休みなどはありませんか?」

子供がまだ小さいと、急な熱やケガなどでお休みを取らなければいけない事も増えてきます。
事前にわかっている学校行事などでしたら、早めにシフトを決める時に調整できますが、急な熱などはそうもいきませんよね。

会社の方も色々あり、急なお休みにも柔軟に対応してくれる会社もあれば、「とにかく出勤してください」とだけ言われて調整できない会社もあります。

そして、この質問が面接官の側から出てくる場合は、注意が必要です。

面接の段階で相手側からお休みの話が出る場合は、「急なお休みNG」の方針の会社が多めです。
また、「何とか頑張ります」と答えて入社したものの、お休みのたびに会社とトラブルに…といった事もよく起こります。

子供の事でお休みが多めになる場合は、なるべく柔軟に対応してくれる会社を選ぶ事がポイントです。

この質問は素直に答えて、「実際にその会社で働けるかどうか」をお互いに話し合うようにするのが、お互いにとって一番良い形になります。

<答え方のOK例>

「正直に申し上げますと、子供の病気などでお休みを急に頂く場合もあるかと思います。そういった事は可能でしょうか?」

<答え方のNG例>
「子供は小さいですが頑張って出勤します、たぶん大丈夫です」

「子供の体調が悪い日はお休みを頂戴します」

まとめ

面接で時々聞かれる難しい質問は、あらかじめ答え方をイメージしておきませんと、言葉につまってしまいがちです。
なるべくポジティブな答え方を用意しておくのが大切ですが、場合によっては素直に話して面接官と相談する事も良いかも知れません。
素敵なご縁がありますように!

 

タイトルとURLをコピーしました