主婦スターではアルバイトやパートの受かり方、子育て期間のブランクも大丈夫な自己PR、志望動機などをまとめてお届けしています。

<↓メニューはこちらです!>

履歴書 職歴欄の書き方 正社員やパートをどう書き分ければいい?

1460017331282275

今回はアルバイトやパートへ応募する時の、履歴書の書き方をまとめました。
特に職歴欄では、正社員以外の働き方がある時に迷いやすいもの。

「どうやって書けば良い?」と迷った時はぜひご参考にしてください。

ポイント1.入社退社をセットにして書く

職歴欄で意外と忘れてミスしてしまいがちなのが、「入社」の方だけを書いて、退職の事を書いていない例です。

職歴欄には、「株式会社〇△× 入社」と書いた次の行には、必ず「株式会社〇△× 一身上の都合により退職」をセットにして書くのが大切です。

rireki000a6

また、自分の都合で辞めたのではなく、例えば派遣契約が終了になった場合などは「契約期間満了により退職」と書きますと伝わりやすくなります。

「出産のため退職」という書き方もあります

お仕事を離れた後、出産・子育てがあり、職歴欄に長めのブランクがある時は、「株式会社〇△× 出産のため退職」という書き方もあります。

rireki000a7

あまり一般的な書き方ではありませんが、こう書いておきますと、「一身上の都合により」とするよりも、ハッキリと「なるほど、子育てに専念したんだ」と伝わりますので、職歴のブランクの説明が不要になりますのでオススメです。

ポイント2.アルバイト、パートの職歴は書いてOK?

一般的には「履歴書にアルバイトやパートの仕事は書かない」と言われていますが、これは大学生の就職活動や、正社員から別会社の正社員へ転職する時のルールになります。

アルバイトやパート、派遣で働く時は、正社員以外の「今まで経験してきたお仕事全部」をしっかり書き込む方がプラスです。

[adsense2]

アルバイト・パートの職歴の書き方

書き方はとてもシンプルです。

「入社」と書くべき所を、「入社(アルバイト)」や「入社(パート)」と書き換えるだけで伝わります。

rireki000a8

また、この書き方をする時は、正社員として働いていた会社は単に「入社」とだけ書いておけば伝わります。
退職の方は「一身上の都合により退職」で問題ありませんので、これは正社員でもアルバイトでも書き方は同じです。

アルバイト・パートの職歴が書ききれない!?

アルバイトやパートで、短期のお仕事を何件もしていた場合や、ダブルワークをしていた場合など、「とても全部書けない」 「書きすぎると仕事をすぐ辞める人と思われるかも…」と考えてしまう事もあるかと思います。

こんな場合は、短期のお仕事(1か月以内)は省略してしまう、というのも一つの手です。

もちろん職歴欄で嘘を書いてはいけませんが、欄に収まらない場合などは「短期アルバイトを10社で業務」といった書き方で省略してしまう事も問題ありません。

まとめ

アルバイトやパートのお仕事も十分にアピールになる職歴です。特に良く似たお仕事を経験している場合は、「即戦力」扱いになりますので、かなり受かりやすくなる事も。「正社員以外は書けない」は新卒の就活のみと考えて、ぜひ職歴をアピールに変えていってくださいね。

良いお仕事との出会いがありますように!

タイトルとURLをコピーしました