主婦スターではアルバイトやパートの受かり方、子育て期間のブランクも大丈夫な自己PR、志望動機などをまとめてお届けしています。

<↓メニューはこちらです!>

アルバイト・パートの「自己PR」 書き方のコツと例文まとめ

1459164620279736

主婦向けのアルバイトやパートへ応募する時に、やっぱり書くのが難しくて悩みがちなのは、自己PR欄ですよね。

履歴書には「自己アピール」という欄がありますので、何か書かなければと思うものの…、何をどう書いてよいのか迷ってしまいます。
今回は主婦のアルバイト・パート応募に役立つ自己PR欄の書き方をまとめました。

アルバイト・パートの「自己PR」はどう書くのが良い?

漠然と「自己PR」と言われても迷ってしまうのがこの欄ですよね。
文字通り、自分のアピールをする欄ですが、特に書き方の決まりがある訳ではありませんので、人によってまちまちの書き方になりやすい部分です。

ここがシッカリと自分のアピールになる書き方が出来ていますと、履歴書全体が引き締まった物になりますので、ぜひ書き方のポイントを押さえておきましょう。

書き方例1.自分の職歴をアピールする

自己アピール欄に一番の王道な書き方は、やはり「過去の職歴をアピールする」という方法です。

つまり、「私のこれまでの仕事経験を、この仕事でも活かせますよ」という形のアピールですね。

とは言いましても、欄が小さいですので、あれこれと書き連ねる必要はありません。
自分がどういう仕事をして来たのかは、履歴書の職歴欄にありますので、読み手の方も仕事内容は理解していします。

これまでの色々な仕事の中で、「特にこの仕事の経験を活かしたいです」という書き方にするのがポイントです。

<書き方例>

「これまでの〇〇での経験を活かせる仕事をしたいと思い応募しました」

書き方例1 職歴アピールのコツ

この〇〇の所に何を入れるかが大切です。

例えば接客やレジのあるお仕事なら、過去にしてきた接客や営業、販売、イベントスタッフなど人と接するお仕事の名前を、この〇〇の所に入れるような書き方が大切です。

同じようにパソコンを使うようなお仕事なら、過去の一般事務、総務、経理、営業事務、管理などのお仕事名や社名を入れると、更に伝わりやすくなります。

これだけで、具体的な仕事内容は書かなくとも、面接官には「おっ、経験があるなら仕事もできそうだ」と思ってもらいやすくなり、プラス評価につながります。

[adsense2]

書き方例2.自分の気持ちをアピールする

先ほどの例では、「自分の過去の仕事経験を活かせますよ」アピールでしたが、これが書けない場合もあります。
例えば、全く未経験のお仕事へ応募する場合などは、これまでの経験を活かしづらい場合もあります。

そのような時は、自分の気持ちをアピールしていきましょう。

とはいっても、ただ「頑張ります」の一言では味気ないですし、本当に頑張る気があるのかも、よく伝わりません。
そこで、一言「この仕事が好きだ」という気持ちに変えて書いていくとスムーズに伝わりやすくなります。

<書き方例>

「以前から△△が好きで、この仕事に就きたいと思っていたため応募しました。」

書き方例2 気持ちアピールのコツ

「頑張ります」「やる気があります」というアピールは、書いてもなかなか伝わりにくい部分があります。

それよりもむしろ、「このお店が好きだった」「この会社の商品が好きだ」「このサービスはずっと使ってる」といった、自分がこの会社を好きだから応募したという形の方が、面接官にはずっと伝わりやすくなります。

面接官の方も、どうせなら自分の会社やその製品やサービスを好きでいてくれる人を採用したくなるものです。

もし自分がすでにその会社の商品や内容に興味があるなら、ぜひそれを書いてアピールにつなげていきましょう。

避けておいた方が良い例:1行アピール

逆に、避けておいた方が良い書き方もあります。
先ほどの「頑張ります」の1行だけを書く例もそうですが、1行だけやものすごく短い文章ですと、「本当に書く気があるのかな…」と疑われてしまいます。
そのため、短すぎるアピールは逆効果になりますので、少し文章を長くする、付け足すなどしていく方が安全です。

<避けておきたい書き方例>

・「頑張ります」
・「よろしくお願いします」
・「特になし」
・「すぐ働けます」

避けておきたい例のポイント

アピール欄があまりにも短すぎますと、どうしても無愛想に見えてしまいます。
また、空欄にする事も絶対にNG。ここが空欄になりますと、「やる気が無い」と見なされてしまう事もありますので、履歴書でNGになってしまう危険が大です。
ぜひ、この欄はしっかり数行書いて埋めておく形にしましょう。

まとめ

履歴書を書く時に、どうしても迷ってしまいがちな自己PR欄。
しかし王道の書き方はありますので、自分の経験や気持ちにあった形で、ぜひ自分の良い所を応募先へアピールしていきましょう。

■姉妹サイト 「バイトスター」がオープンしました。■
こちらで、より詳しく主婦の方の自己PRの書き方や例文をまとめました!
ぜひこちらもご覧くださいね♪

<リンク>
バイトスター:主婦のパート応募 「好印象な自己PRの書き方は?」3つのコツと例文まとめ

タイトルとURLをコピーしました