主婦スターではアルバイトやパートの受かり方、子育て期間のブランクも大丈夫な自己PR、志望動機などをまとめてお届けしています。

<↓メニューはこちらです!>

主婦のアルバイト・パート 履歴書や面接での服装は?

1459082982279558

さて、今回はアルバイトやパート応募の際の服装についてまとめました。

履歴書に貼り付ける写真や、実際の面接本番での服装など、どういう格好がプラスなのか気になるところ。
最低でも「この服装で来るなんて…」と思われるのだけは避けたいポイントですよね。

もちろん会社やお仕事内容によって変わってきますが、失敗しない服装選びをまとめます。

アルバイト・パートの履歴書 失敗しない服装は?

履歴書に貼り付ける写真ですと、肩から上だけが写りますので、上着をどうするかがポイントになります。

実際には服装はほとんど見られていませんので、白、黒、ベージュ系の目立たない色合いを使っていれば、普段着でも問題はありません。

もし「念のため、丁寧な服装を」と思う時は、スーツや淡い色のシャツ、ブラウスなど、オフィスにそのまま出られるような服装なら完璧です。

逆に、原色系のTシャツや、派手なデザインの服装、アクセサリは避けておく方が安全です。

アルバイト・パート面接での服装は?

面接で何を着て行くかは大変迷いやすいポイントです。

お仕事の内容、職場の雰囲気にあまりに合わない格好は避けたい所ですし、スーツで行って逆に「固すぎる」と思われないかどうかも気になるポイントです。

オフィスビル内なら絶対にスーツで間違いなし!

お仕事をする場所がオフィスビルの中にある場合は、これはスーツで正解です。
たとえ求人に「私服OK! 自由な社風です」と書かれていても、面接相手の採用担当者は意外としっかりしたスーツで出てくるような事もよくあります。

自分がオフィス内でラフな格好をしていて相手はしっかりスーツ…となりますと、かなり気まずい空気になりがちです。

カジュアルな服装がOKの職場でも、オフィスビル内であればスーツ姿が浮く事はありませんので、スーツが確実です。

[adsense2]

飲食店、販売店などは私服もOK

オフィスビル以外の店舗、飲食店、工場、倉庫などのお仕事の場合は、私服で面接にいく方が半数を超えます。

面接する側もそれに慣れていますので、あえて無理してスーツを用意する必要はないかも知れません。
特に、制服がある職場の場合は、服装はほとんど無関係となります。

少し慎重に服を選ぶなら、やはり大人しい色合いの服装を組み合わせていく方が無難です。

飲食系や販売系の場合は、どちらかというと、着ている服よりも爪や髪色、ピアスの有無など、アクセサリの方をしっかり見られている事がよくあります。

飲食なら爪は確実にチェックされていますので、ネイル等は避けておきましょう。
また、販売系はお店の雰囲気にあまりにもあわない髪色であれば、少し色を地味にしてから面接へ行く方が安全です。

アルバイト・パート面接スーツは固すぎる?

実際のところ、あれこれ悩むよりも「今もっているスーツをとりあえず着ていく」という選択が一番お手軽で迷いがありません。

職場によっては、他の人は私服で来ている応募者が多いのに自分はスーツ…という事もあるかも知れませんが、スーツを着てマイナス印象になる事はありません。

面接官の方も「しっかりスーツで来た真面目な人」という印象を受けますので、むしろ他の応募者よりプラスになる可能性が大です。

「迷ったらスーツで行く」
これが一番楽で簡単な方法と言えるかも知れません。

まとめ

履歴書の写真や面接など、服装にはどうしても迷ってしまいがちです。
基本的には大人しい恰好であれば問題ありませんが、「念のため丁寧な服装で」と思う時はスーツを選ぶのがポイントです。

ぜひ素敵なお仕事との出会いがありますように!

タイトルとURLをコピーしました