主婦スターではアルバイトやパートの受かり方、子育て期間のブランクも大丈夫な自己PR、志望動機などをまとめてお届けしています。

<↓メニューはこちらです!>

未経験のアルバイト・パートへの応募 自己PRには何を書けばいい?

1459081625279557

さて、今回はアルバイトやパートへの応募の際に困りやすい「自己アピール」についてです。
今までも経験のあるお仕事の場合はとても書きやすいですが、未経験のお仕事に応募する時には、「何をアピールしていいのかわからない…
」となってしまいがち。

そんな時にチェックしておきたい、未経験の時の自己PRポイントをまとめました。

未経験での自己PRのポイント

アルバイトやパートのお仕事を探す時に、やはり経験済みのお仕事の方が受かりやすくて始めやすい部分もありますが、やはり条件や好みも変わりますので、今まで経験のないお仕事にチャレンジする時もあるかと思います。

そんな時の自己PRには、大きくわけて3つの書き方があります。

<自己PRの作り方ポイント!>

1.少しでも共通点を見つけて、自分のアピールにつなげる

2.スキルアップしたいという意欲を見せる

3.意欲や気持ちをアピールする

それぞれ順番に解説していきたいと思います。

1.少しでも共通点を見つけて、自分のアピールにつなげる

全く未経験のお仕事でも、やはりこれまでのお仕事とどこか共通する内容があったり、応用できる部分もあるかと思います。

そういった所をなるべくたくさん思い出して、一番役に立てそうな部分を自己PR欄に書き込んでいきましょう。

お仕事の中で一部分だけ関わっていた経験や、プライベートでの経験などももちろん問題ありません。「この経験は少しでも使えるかな?」と思う物があれば、「~の経験を活かして頑張りたい」といった書き方でまとめていきましょう。

<未経験の自己PR例1>
「前職では書店で販売の仕事をしていました。飲食業は初めてですが、これまで接客の経験を活かして、早くお役にたてるよう頑張りたいと思います」

<未経験の自己PR例2>
「事務系の仕事は未経験ですが、PCは普段から利用していますので、入力の仕事は向いていると思い応募しました」

[adsense2]

2.スキルアップしたいという意欲を見せる

これまでの経験で、すぐに役立てそうな物が思い浮かばない…。そんな時は逆に、未経験のスキルを身に付けたいという向上心をアピールにしてしまう方法もあります。

前向きなスキルアップしたいという気持ち、思いは採用担当者への良いアピールになります。

「この仕事を通じて、こんなスキルを身に付けたい」という書き方をしますと、スキルアップの意欲が高い人材と思ってもらえる可能性がアップします。あまり具体的に書きすぎるよりは、少し抽象的な書き方の方が好印象になります。

(たとえば、「エクセルで関数のスキルをあげたい」と書くよりも、「事務の仕事で経験を積みたい」と書く方が好印象になります)

<未経験の自己PR例>
「これまでオフィスワークを中心に携わってきました。販売・接客のスキルを身に付けたいという思いで応募しました。よろしくお願いします」

「これまでは販売の仕事が中心でしたが、これからは事務系の仕事で経験を積みたいと思い、未経験歓迎の御社に応募しました」

3.意欲や気持ちをアピールする

スキルアップの書き方も少し書きにくい求人も中にはあります。そんな時は、頑張りたいという気持ちや意欲などもしっかりしたアピールになります。

特に未経験の場合は「やる気」が重要視されますので、この仕事をしっかり覚えて、お役にたてるようになるという気持ちを書き込むようにしましょう。

ただ、自己PR欄は意外にスペースがありますので、「頑張ります」の一言だけですと、逆に本当にやる気があるのかどうか疑われてしまいます。
そのため、なるべく一言だけで済ますのではなく、「1日も早く役に立ちたい」「仕事に慣れるよう努力したい」といった表現を組み合わせて、文章の形で書く方がプラスです。

<未経験の自己PR例>
「前職では経理の仕事をしていました。販売の仕事は未経験ですが、1日も早く仕事を覚えて、お店のお役に立てるよう頑張りたいと思います」

まとめ

未経験のお仕事に応募する時は、自分をどうアピールして良いのか迷うものですよね。

自己PRにはいくつもの書き方がありますが、やはり使いやすいのは「これまでの経験アピール」、「スキルアップしたいという向上心アピール」、「仕事を頑張りたいというやる気アピール」などになります。

ぜひこれらも活かしながら素敵なお仕事と出会って下さいね。

タイトルとURLをコピーしました