主婦スターではアルバイトやパートの受かり方、子育て期間のブランクも大丈夫な自己PR、志望動機などをまとめてお届けしています。

<↓メニューはこちらです!>

【お仕事別】飲食系ホールスタッフに応募する時の志望動機、自己PR例

さて、今回は飲食店の中でも人気のある、ホールスタッフの求人に使える志望動機や自己アピールの仕方をまとめました。
接客豪の中でも求人がとても多く、主婦歓迎で採用してくれる会社が多いのも特徴です。
しかし、学生からの人気も高い求人ですので倍率が高めになってしまう事も…。主婦だからこそできる自己PRや経験を活かしながら、ぜひとも採用を手に入れてくださいね。

飲食系ホールスタッフのお仕事内容は? 受かりやすい?

ホールスタッフはどこの飲食店でも目にしますので、お仕事内容はかなりイメージしやすいかと思います。
主な仕事内容は、配膳や注文の受付、お客様が出た後の清掃やレジ会計などがほとんどです。
立ち仕事が中心の接客業になりますので、やはり敬語がちゃんと使える点や、立ち仕事経験などもプラスのアピールになりやすい職種です。
また、大手のファミレス、ファーストフードなど、営業時間の長いお店は、シフトの種類が多い場合もあり、自分の働きやすい時間を選べるチャンスも増えてくるお仕事です。

飲食系ホールスタッフへ応募する時のアピールポイントは?

・大手チェーン店ほど、未経験採用に積極的で教育マニュアルなども充実していますので、始めやすい職種になります。
・アルバイト、パートなどで販売系や営業系の経験があれば、ぜひアピールを。即戦力として見てもらえてプラスになります。
・社会人経験や常識、マナー、敬語などが正しくできる点は、学生アルバイトより有利になります。学生とかぶらない時間帯で応募しますと、さらに受かる確率もアップするかも。

飲食系ホールスタッフの志望動機例

<例1>
「前職ではアパレル販売の仕事に就いていました。業種は異なりますが、また接客の仕事をしたいと思い応募しました」

<例1>のポイント
販売系のお仕事経験は、業種や商品が違っていても、「即戦力ですね!」と思ってもらえる所が大半です。
また、面接官の方も販売系経験者はかなり優先して採用していきますので、経験が少しでもある場合は、ぜひ伝えておきたいアピールポイントです。

[adsense2]
<例2>
「ホールスタッフは未経験ですが、以前から接客の仕事に就きたいと思っていました。持ち前の明るさを活かして頑張りたいと思います」

<例2>のポイント
未経験採用も多い業種ですので、経験がなくても応募は全く問題ありません。どちらかというと、面接の時の明るさや敬語などが
大切になりますので、まずは明るく丁寧に仕事が出来るという点をアピールしておきますと安全かと思われます。

<例3>
「扶養範囲内で働ける接客の仕事をしたいと思い応募しました。平日は毎日入れますので、よろしくお願いします。」

<例3>のポイント

大手チェーン店になりますと、営業時間もとても長いため、学生がいない平日昼間などは、主婦採用の確率がかなりアップします。
扶養の範囲内で、1日3,4時間くらいずつ、平日だけ働くというシフトも可能な職種です。お店側も平日昼間のシフトに困っている事が多くありますので、
入れる時間をアピールにする方法も良いかも知れません。

飲食系ホールスタッフの求人選びのコツ

・お店によっては学生やフリーターが中心という所も多く、お店の雰囲気はとても大切なポイントです。
・できれば応募前に実際にお店を見ておきますと確実です。すでに主婦スタッフさんが働いているお店なら、受かる確率はかなり高めとなります。
・お店の雰囲気次第ですが、結構な体育会系のノリという所もよくあります。自分にあったペースで働ける店舗を探すのが、長く勤めるコツかも知れません。

まとめ

平日お昼間のシフトは学生がいませんので、受かりやすい時間帯と言えるかも知れません。
また、接客業デビューにも向いている職種ですので、「今後は接客系の仕事を中心に頑張ろう」と思っている時には、とても良い職種と言えます。

タイトルとURLをコピーしました